2017年05月31日

2017 BMO Vancouver Marathon

久しぶりのブログアップです。
備忘録も兼ねて、レースリポートです。

2017年5月7日。今年も、バンクーバーマラソンの日がやってきた。今年も良いお天気になり気温が上がることが懸念された。特に今年の冬は長くて寒い天候が続いたため、練習時との気候のギャップが大きく走りに影響を与える。いつもは比較的薄着で練習をしていた私は、今年はより厚着で練習を続けた。レース当日の暑さ対策である。週間天気予報では、しばらく見たことのない16度、17度という数字が現れ、今年もか!と思わせる時もあったが、蓋を開けてみれば肌寒い朝。Garminの記録を見ると、気温は10度、体感気温は8.9度だったようだ。寒さが嬉しい朝だった。

マラソンも8回目となれば慣れたもので、当日の用意は前日までに済ませ、前日の晩御飯のメニューも当日の朝ごはんのメニューも同じもの。但し、相変わらずスタートに遅れていくというお決まりの夢だけは、未だに2週間位前に見てしまう。ヌテラをたっぷり塗ったトーストを食べて、今日の目標タイム 329 と、ジェルを摂取するポイントを腕に油性ペンで書き、余裕を持って出発。会場には1時間くらい前に到着。直ぐに、330グループのChristiとMeghanを見つけて合流。寒さのため、すぐに上着を脱いでギアチェックをする気もおきず、ぎりぎりまで仲間と合流したりしながら過ごす。そうこうしているうちに時間も近づき、上着を脱いでギアチェック。バナナを食べながら移動し、コラールに入る。そこで、ペースバニーのケンさん発見!今日一緒に走るケンさんである。オレンジのコラールに入ったところで、周りはみんなお友達。オーカナダを歌い、カウントダウンをして、スタート。自分の番もすぐにやってきて、ガーミンをスタートし走り始める。

走り始めは混んでて、坂道でもあるから、とにかく流れに乗って出ていく感じ。ヨークさんと一緒に走りながら、Cambieを南へ進む。1キロ地点で仁美さんを発見!応援、有難うございます。最初は混んでるからどうしてもゆっくり。ペーサーもゆっくり。なので、少しペーサーを後ろに見ながら、先ずは9キロ地点のCamosunの坂を目指す。7キロでは初のジェルポイント。Camosunの坂前には栄養が吸収され、力強く上っていけるための栄養補給である。330グループの皆も一斉に栄養補給。

レース前半の山場は、Camosun。今年はダブルCamosunというロングランもやった。今日は上りは一回のみと思うと気が楽である。が、このCamosun、トレーニングの前半では走っていたものの、しばらくご無沙汰である。ちゃんと走れるか心配だったが、難なくのぼれた。途中、今日は応援のタツヤさんの声援と、坂道頂上で2015年のボストンジャケットを着たMaxさんの応援がうれしかった。紫のジャケット、光ってましたよ!
18359320_1360152490729789_6169163254241583824_o_B.jpg

写真はたつやさんから頂きました。感謝!

Camosunが過ぎても、緩やかなアップダウンがその後3キロほど続く。やっと大きな坂が終わったと思っても、まだまだ上り坂が続くから、Camosun後の部分はあまり好きなところではない。それが、今年は難なく乗り切った!いつもは、あーダラダラとアップダウンが続いて嫌だなあーと思うところが、いつの間にか終わっていた。もしかしたら、調子が良いのでは?

飛ばしすぎないように、時々Garminで全体の平均ペースを確認する。4’55”/キロくらいを維持しているから、それほどペースが上がっているわけではない。サブ3.5を達成するには4’58”のペースが必要。

UBCに続く16thの通りでは、少しの風が感じられた。風が吹いたときは、大きな体格の人を風よけにしながら走る。これをチューチュートレイン戦略といって、練習の際にも実行していた。DaveとMattの後ろに入り、体力を温存させてもらう。

今日もWreck Beachおじさんの姿が無いことに少しの物足りなさを感じつつ、コースで一番良い景色が見えるSouth West Marine Driveを降りていく。絶景に気分も上がる!この坂道の辺りで自然とペースが上がり、ペースバニーの前に出て先を進む。ちょうど半分くらいのところまで来たが、体はまだまだ元気。330グループの三人を前方に確認しながら、独りもくもくと走っていく。

24キロ地点の4thに出ていく坂道も、今日は驚くほどキツク無い。スルスルと上り切り、キツラノ地区に入っていく。工事の進捗が気になったPoint Grey Rd.は数週間前の日曜ランで舗装がされていることを確認済みだったから、心配はない。途中、村上さんご夫妻とC子ちゃんの声援も受け、キツラノを走り抜ける。相変わらず、330グループとペーサーの間を走っていて、孤独ではあるが、体はきつくない。とりあえずは楽なリズムの今のペースを維持して走っていく。

次の坂は、ArbutusからMcNicollの坂。ここもそれほどキツク無い。今日5つ目のジェルを取りながら、次の坂Burrard橋を目指す。Burrard橋は、北に向かって渡るときは緩やかで長めの坂道となる。いつまでたっても頂上までたどり着かない感じがするところで、ここもあまり好きなスポットではない。今日はここで前を走っていたJenniferを抜かした。そして、Burrard橋のいつものスポットには麻美さんの顔も見えた。30キロ地点。平均4’55”/キロのスピード。残り12キロと未だ気が抜けないが、体はかなり元気。痛いところも、痒いところもない。

Pacific Avenueに入ると、また風が感じられた。残念ながら、既に周りのランナーの数が減っていて、風よけになってくれそうな人がいない。いるのは、少し先を行くMatt達のみ。よし、Matt達に追いつこう。追いついて、Stanley Parkの風よけになってもらおう 笑 と少しスピードを上げる。左手にHIS応援団を見ながらここに居るはずのSteveの姿を探す。居ない…やられた(何をやられたかわからないが 笑)と思うと、右手から声が。居ないかと思ったじゃない! なんて話をしながら、未だ元気だからと伝えて先を進む。Steveは、去年もここで応援してくれていたけど、その時はとてもつらかったことを覚えている。I'm dyingと言ったかどうかは覚えていないが、水の無い魚状態だった。去年よりも、かなり元気である。

330グループのMeghanに追いついたのは、イヌクシュクのところ。わき腹がつって!とMeghan、Stay Strong‼と声をかけて走り続けた。その後、彼女と話したところ、直す方法を教えて欲しかったらしい。ごめんねMeghan、治し方知りません。

遂に330グループのMattとChristiに追いついたのは、32キロ地点。Where have you been? Long time non see you! It's another Sunday run!など会話が楽しい。いつもは孤独で、一人の戦いとなるStanely Parkが、いつもの日曜ラン、みんなで最後のプッシュ!に変わった。二人とスピードを合わせながら、Stanley Parkの外周を行く。3rd Beach の給水所は、Vancouver Running Clubの人たちで運営されているらしく、ヒネさんのご主人のマーティンさんの顔が見えた。Lions Gate 橋の辺りで、Mattがスピードを上げた。彼との距離が少しずつ開いていく。体はまだ大丈夫だったけど、ここは安全策を取って4’54”/キロから4’55”/キロくらいの ペースを維持して走っていく。

この辺りで、またもやタツヤさんの声が!『やすよさん、調子いいよ。もっとゆっくり行っても大丈夫!』その声に、やっと肩の荷がおりたような気が。よし、もう大丈夫。これでいけると思った。最後の給水所のあたりで水を取りに行ったChristiとの距離ができ、ここからは、また一人旅が始まった。もし、辛くなっても後ろにはケンさんがいるし、遅れてきてもケンさんについて行けさえすれば目標は達成できるし。あと15分も走れば、この長かったレースも終わるし。もうちょっと、もうちょっと。
18320422_1360153067396398_2103095459392735080_o_B.jpg

写真:たつやさん 感謝!

いつもそうだけど、この辺りからはあまり周りを見ていない。耳は聞こえているから、先ほどのタツヤさんの声援のように、名前を言われるとハッと気づく。Stanley Parkを後にして、Georgiaの坂道に差し掛かるところで、また名前を呼ばれた。赤いシューズを履いた人だったけど、確実に私の事を知っている人に名前を呼ばれた。右手を挙げて声援にこたえて、最後の上り坂、ゴールに向かうGeorgia、そしてPenderを走る。あの青いゲートのところまで行けば終わり。このゴール手前で、また私の名前を呼ぶ人がいた。Greg。ハーフマラソンを終えて、みんなの帰りをゴールで待ってくれているようだった。やっと目標が達成できた、3年かかったけど達成できた。今日、ようやくこの目標にたどり着けたと思うと胸が熱くなった。嬉しかった。
664925_256304474_XLarge_B.jpg

ゴールタイムは、3時間28分41秒。遂に、サブ3.5達成。そして、見つけたラン友のEmma。2年前の私と同じように、メダルをかけるボランティアをしてくれている。彼女からもらった完走メダルは特別!ゴールには先に完走した、MattやHumphrey,
Gabor、そして久しぶりのりかさんも!ケンさんとDaveも、同時にゴール。ほぼ3時間30分でゴールと、ばっちりのタイミング。賑やかにゴールで写真を撮りながら、お互いの成功を喜び合う。みんな、良い顔してる!
IMG_7928.jpg

本日の結果。
3時間28分41秒(ハーフ 1時間43分49秒 Garmin時間)、自己記録更新
全体:395/4696
女性:72/1866
カテゴリー:6/218

今回の経験で、自己ベストを上げていくこと、時間的な目標を達成していくことは、簡単ではないことは、身にしみてよくわかった。ある程度の練習量はもちろんのこと、練習の内容や食事にも気を配らないといけない。マラソンの次の目標を立てるのは、少し先の事にして、目標を達成したすっきりした気持ちのまま、しばらく山を走ることを楽しみたいと思う。

応援してくれた皆さま、有難うございました。また頑張ります!
posted by やすよ at 11:06| バンクーバー ☔| レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。