2018年01月14日

UTMB、2018年の抽選会

images_UTMB3.jpg

去る1月11日木曜日、2018年のUltra Trail du Mont Blanc (UTMB®) の抽選会が行われた。世の中には5万と眠れない日々を過ごした人が居るんだろうなと思いながら、いつかその一人となることを夢見る自分。

2018年のカテゴリーと出走枠は以下の通り
UTMB (171Km) 2,300
CCC (101Km) 1,900
TDS (119Km) 1,600
OCC (56Km) 1,200
数字だけみると、結構多くの人が出走できる大きなイベントという印象がある。が、申込者は世界各国から集まるわけだから、この枠でも凄い倍率になるのではないのかと想像する。

未だ2018年の統計は出ていないので、2017年の数字を拾ってみることにしたい。

UTMBの2017年枠は2,300。この数字は2007年より変わっていない。この出走枠に対し、申し込みの数は5,575名。約2.4倍の競争率だ。

UTMBの出走資格は、過去2年間に指定レースで15ポイントを最大3レースで取得する必要がある。ポイントは、レースを完走することによって得ることができるが、例えば私が出走したSquamish 50Milerであれば4ポイント、BC州で一番長いレースであろうFat Dog 120Mileは6ポイントといった具合である。このポイントはレース完走の難しさ(距離、累積標高差)によって決まる。以下、International Trailrunning Associationのサイトからの抜粋。

Evaluation method for the difficulty of the race
For races in a single stage,the evaluation is the sum of the distance expressed in kilometers and a hundredth of the ascent/descent expressed in meters. For example, the number of effort points of a race of 65 km and 3500 m ascent is: 65 + 3500/100 = 100.
Three other criteria are taken in to account when calculating the number of effort points for a race.
Semi-autonomy: if the number of refreshment posts is such that a race is not run in semi-autonomy, the number of effort points will be reduced according to the following rule.
Races in laps/loops: for races where the course consists of several identical laps, the number of effort points will be reduced according to the following rule.
According to the number of effort points retained, a race will be attributed:
1 ITRA point for the number of effort points between 25 and 39,
2 ITRA points for the number of effort points between 40 and 64,
3 ITRA points for the number of effort points between 65 and 89,
4 ITRA points for the number of effort points between 90 and 139,
5 ITRA points for the number of effort points between 140 and 189,
6 ITRA points thereafter.

なるほど。

UTMBに申し込むには、例えば、100キロ+累積標高差4,000メートル以上のレースを2年の間に3回完走する必要があるということ。簡単ではないが、できなくもないチャレンジである。但し、認められているレースである必要があるから、そのレースに予定を合わせて出走し完走していく必要がある。

その他のレースの必要ポイントと2017年の申し込み数と競争倍率は以下の通り

CCC (101Km) 9ポイント、4,580名、2.4倍
TDS (119Km)  9ポイント、2,632名、1.6倍
OCC (56Km)  3ポイント、4,207名、3.5倍
Dream RaceがDream Raceである理由がここにもある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
posted by やすよ at 04:22| バンクーバー 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

My Dream Race

先日、北米でも屈指の人気と歴史を誇るウルトラレース、ウエスタンステイツとハードロックの登録方法について書いてみたが、これらのレースに出たいという野望(敢えて野望と言っておこう)も持っているが、私の究極のドリームレースは、Ultra-Trail du Mont-Blanc、略してUTMBというレースである。

download_UTMB.jpg

簡単に言うと、ヨーロッパの山岳地帯で行われる約100マイルのレース、なのだが、世界でもトップレベルの人気を誇るレースで、なんとレースはオンラインでLive中継までされる。ウルトラトレイルに関わる名立たるスポーツメーカーが協賛しているレースであり、その準備や運営にかかわる費用、ボランティアの数、とにかくウルトラ界では世界一のレースではないかと思う。

ヨーロッパの山岳地帯と先に書いたが、ヨーロッパの最高峰であるモンブランの周りをぐるりと一周するレースである。スタートはフランスのChamonix シャモニーという山間の街。第一回冬季オリンピックも開催されたこの街をスタートし、ランナーは山を上ったり下りたりしながらある先ずはイタリアへ、そしてスイスに渡り、最後にスタート地点であるシャモニーに戻ってくる。

夕方からスタートするこのレースは夜の間走り続けることが必須。しかも、かなりの標高と累積標高差でキツイレースでもある。累積標高差は約10,000メートル!8月の終わりに開催されるレースではあるが、雪が降ることもある。

と、厳しいレースではあるが、その風景はまさしく絶景。これを見ると、本当に行きたくなる!行きたい!そして、そういう人が、これまた五万といるので、レースの出走資格の厳しさ、出走倍率の高さ、これもまさしく世界級。

images_UTMB2.jpg

そんなUTMBには、マラソンで言うところのハーフや10Kがあって、こちらに出走するということも可能だ。が、折角だから夢は大きく。いつかUTMBに出てみせるぞ!
posted by やすよ at 10:13| バンクーバー ☁| レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

Stravaで振り返る2017年

Strava というアスリート用のアプリ兼SNSがあるが、毎年年末に今年のまとめを作ってくれる。

https://2017.strava.com/en-gb/videos/24503bb88349ed171aff11d3efa1dffdbc3436c1/

2017年は、前半は引き続きマラソンサブ3.5への挑戦、そして後半は100キロへの挑戦。

走行距離は、2016年とさほど変わらず3,200キロなのに対し、累積標高差(Eleveation Gain)は81,300メートルと2016年の44,700メートルの約倍。この上りのトレーニングは、累積標高差約5,000メートルと当初アナウンスされていたMighty Quail Trail 100Kのためのトレーニング だった。結局は4,000メートル弱に終わったわけだったが、上りには自信が付いた。2018年のメイントレイルレースであるWAM115Kは累積標高差が7,000メートル 笑笑!今年も、昨年同様の上るトレーニングが必須のようである。そして、しっかりと完走するために筋トレもやっぱり欠かせない。細かいことを一つ一つ丁寧に行うことが成功の秘訣である。

トレーニングバディーの皆さん、上りトレーニングのメッカであるグラウスマウンテン、今年も宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




ラベル:ラン
posted by やすよ at 10:55| バンクーバー ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする