2017年11月07日

Crossing Five Cities

今日はロングランの話。

ニューヨークシティマラソンは5つの橋を渡るという話は最近したばかり。今年の9月(2017年)、ちょうど月末のレースに向けてテーパリングを始める直前に、5つの市を通るというロングランをした。

IMG_8487 (3).PNG


スタートはいつものRunning Room Cambie。Cambie橋の南の付け根にあるRunning goodsのお店がスタート地点。Cambie橋を渡り、先ず向かうのはStanley Park。通常だと、Stanley Parkを走る時は外周のSeawallかStanley Parkの真ん中を通るトレイルであるBridleを走ることが多い。しかしながら、この日は5つの街を通るという使命のため(5つの街を通るだけでかなりの距離になってしまうため)、できるだけ短い距離を走ろうとするためなのか車がバンバン行き交うCausewayの横を走った。そして、Lions Gate Bridge。この橋は何度も通ったことがあるが、走るという意味ではあまり好きではない。景色は確かにキレイなのだが、それを見る余裕もなく、一方車はかなりのスピードで間際を走り、自転車の量も多い。狭い歩道を自転車とシェアしながら、大きな騒音や早いスピードで車が走っている間際を走るのは、楽しいとは言えない。いつも、早く渡り切ってしまおう、と思って走っている。

そんな思いで、この日も一目散にウエストバンクーバーを目指してひた走る。橋の向こうはウエストバンクーバー。バンクーバーの中でも落ち着いたエリア。ここはほんのちょっとだけ足を入れて、直ぐにその東側のノースバンクーバーに入る。ノースバンクーバーには、新しくスピリッツトレイルという名の、ノースバンクーバーの東西を走るトレイルが整備された。UBC傍のパシフィックスピリッツパークと名前が似ていてややこしい。このトレイルを走り、途中3rdに入り、ひたすら次の橋となるSecond Narrow Bridgeを目指す。

Second Narrow Bridgeの歩道は、最近新たに整備された。これまでよりも広い歩道は自転車とシェアをしても十分の広さがあり、よって自動車との距離も十分ある。新しくてキレイな歩道は、渡っていても安心感がある。そして、この橋を渡れば、目の前はバーナビー市。バーナビー市は、近年特に高層マンションの建設が進んでおり、以前に比べて随分変わってしまった。その街並みを眺めながら北から南へと向かう。よく見ると、アップダウンがかなりある。

最終目的地はニューウエストミンスター。以前、BC州の州都があったというこの古い街を目指し、その名もCanada Wayという道を南に向かってひた走る。Canada Way、結構上りと下りがキツイです。

この日の走行距離は、なんと34キロ!普段の一番長いロングランが32キロだから、2キロも多かった。そして終わった後のビールの味は、格別に美味しかった!5つの街を走るという、マラソンコースにも負けない大作のトレーニングルートを作ってくれたGreg、有難う!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


posted by やすよ at 10:28| バンクーバー ☀| トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。