2017年11月14日

Super Mini Itsy Bitsy Barkley - Part2

二番目の本は川沿い、ボードウォークの西とある。この地域をよく知るつばさ君は、ボードウォークの左だからと言って、先を急ぐ。二つの木が倒れている大きな木の根っこのところ。左を注意しながら行くと、奥の方にプラスチックの袋のようなものが見える。『あれかな?』『そうだ、あれだよ!』有った!二冊目の本も比較的簡単に見つかった。幸先が良い!

三番目の本は、少し離れたところで、小川にかかる木の橋の下とある。これが曲者だった。Mortezaとつばさ君が何度もコンパスを確かめながら行ったり来たりを繰り返す。私の仕事は、道行く参加者に“Did you find the number 3?”とか聞くことである。つばさ君の『あっちの方だと思う』のひと声で彼の後についていくと、本を破っている人たちがいた!時間がかかったが、三番目もゲットした。

四番目の本は車が行き交う道路を挟んだ反対側。道路からそう遠くないところだが、藪の中にあってとっても分かりにくかった。小川の脇でページをゲット。ここまで来れば半分以上が経過である。

5番目の本も、割と道路から近いが少し高いところにあるようだ。つばさ君が目印となる展望台の箇所を知っているというので、自動的についていく。ランも早い彼は本の在処を見つけ、『見つけたよ!』と言いながら戻ってきてくれる。一緒に本の在処に行って、5番目の本もゲット。

6番目と7番目の本はゴール傍の少し開けたところにあるので簡単にみえた。が6番目にてこずった。池の脇とあるから、大きな池の脇をグルグルしていたが、その隣に小さな池があった。本はこの池の傍の木の根っこに隠されていた。6番目ゲット。

7番目の本は、Water Districtの建物の裏手。ベンチの後ろにあるはずのところが、ベンチの上に本が置かれていた。この7番目の本が最後の本。ページを破って後はゴールに向かう。

1時間33分でノリノリにゴール!もっと走らないイベントなのかと思っていたが、結構ちゃんと走った。距離は約10キロ。本を探す作業も楽しかった!コンパスの使い方については、これからもっともっと勉強をしないとダメだと思ったが、今日は、コンパスの使い方を勉強してきたMortezaとノースショアに詳しいつばさ君のおかげでとっても助かった。これがPacific Spirit Parkだったら、私の出番なんだけど。。。

短期間に準備をしてくれたバンクーバーオリエンテーリングクラブ、Diez Vista、そしてGaryには心からお礼を言いたい。また雨の中、レースをサポートしてくれたボランティアの方にも感謝感謝である。そして一緒に走ってくれたMortezaとつばさ君にも有難うと言いたい。

こんなに楽しいレースは初めてじゃないかと思うくらい楽しかった。本当のBarkleyとは、同じコンセプトでも全然違うレース。Super Mini Itsy Bitsy Barkley、是非、来年も開催してほしいと思う。Gary、Laz、サンキュー!!

IMG_8516.JPG
LazとGarrryと一緒に!

IMG_8519.JPG
集めた7枚のページ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


posted by やすよ at 02:26| バンクーバー ☁| レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。