2017年12月06日

Western States 100 Lottery

images.png


Hardrock 100 と時を同じくして、Western States 100マイル 2018の抽選会も12月2日に行われた。

Western States100 マイル とは、米国カリフォルニア州の山岳地帯を走るウルトラトレイルレース。世界で最も古い100マイルレースと言われ、正式な初開催は1977年。18,000フィート(5,500メートル)の上りと23,000フィート(7,000メートル)の下り、前半に雪の有るところを通ったり、中盤からは暑さとの戦いとなったり、後半にはAmerican Riverという川を渡るところもあるという過酷な100マイル。

このウルトラトレイル、近年益々人気が高まっている。出走枠は1984年から変わらず369に対し、今年の応募者数は4,909名!しかも、このレースは、前年の男女トップ10に再エントリーの資格を与えたり、ゴールデンチケットと呼ばれる指定のレースで優勝、準優勝をした男女にエントリー資格を与えたり、なんだかんだで一般エントリーの数がかなり少なくなってしまう。2018年は、369の出走枠に対し、264が一般エントリーに与えられた枠。5,000名近くの人が264の枠を求めるわけだから、18倍近くの倍率となる。凄い!

2015年のレースから、Western Statesにも出走資格が設けられているが、これは指定の100キロや100マイルなどのレースで完走、もしくは指定の時間内に完走することが求められるというもの。カナダでは、Fatdog 120マイラーの完走がWestern StatesのQualification Raceだ。120マイルですか!

そして、このレースもチケット制を導入している。過去に2年連続で抽選に外れたことがある人は、チケットが2枚、3年連続は4枚、4年連続は8枚という具合だ。このチケットが増えていくルールは、どうも“連続で外れる”というのがポイントのようだ。但し、連続で申し込むには、連続でクオリファイレースに出場し、完走または制限時間内完走をする必要がある。毎年申し込みをしているというだけでも、かなりの強者、尊敬に値する。

マラソンの世界には、ワールド6メジャーと言われる6つの人気のレースがあり、このレースの出場資格を取るのは至難の業である。至難と言ってもこれらのレースは大きなマラソン大会だから、それぞれのレースの出走枠は数万人を数える。それに比べてウルトラトレイルは、自然環境保護の観点から、どうしても出走枠が小さくなり、結果的に出走資格を得るのもかなり難しいしとなる。人気レースに出るには、かなりの努力が必要だ。

ウルトラトレイル、人気のレースに出走できる日はいつか来るのか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
posted by やすよ at 12:59| バンクーバー ☀| ドリームレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする